新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について(6)

日本政府が5月14日、47都道府県のうち愛知県を含む39県で新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を解除したことを受け、今後新型コロナウイルス感染症のまん延防止や安全対策を徹底しながら総聯各支部、団体及び愛知県内の朝鮮学校において下記のように対応してまいります。

1. 日本政府が推奨する「新しい生活様式」を日常生活の中で積極的に取り入れ、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大の防止につとめてまいります。

2. 県内の朝鮮学校5校(愛知朝鮮中高級学校、名古屋朝鮮初級学校、豊橋朝鮮初級学校、東春朝鮮初級学校、愛知朝鮮第七初級学校)は、2020年6月1日から再開いたします。

 学校再開準備期間を5月22日から31日までとし、学校運営の状況を1週間程度確認した上で6月1日から通常授業とします。準備期間中、各学校別に登校日を設け時間差登校、短縮授業等をしながら、登校時の検温、消毒はもちろん、換気の徹底や近距離での会話の際のマスクの使用、授業時の注意事項などを明示し、安全対策を徹底して再開を準備してまいります。6月1日からは安全対策はもとより「新しい生活様式」を実践しながら通常の学校生活に戻るようにいたします。

 但し、児童・生徒や教職員に感染者が出た場合や愛知県内や地域の感染状況によっては変更する場合があります。

※詳細については各学校へお問い合わせください。

3. 同胞一般を対象とする本部、支部及び各団体のイベント、行事等は、安全対策を徹底しながら順次再開いたします

 但し、同胞高齢者の方々の安全確保に努め、支部単位での高齢同胞の集い、レクリエーション等は更に慎重を期して判断するようにいたします。

本対応策は現段階での対応策であり、新型コロナウイルス感染症の感染状況により変更する場合があります。

2020年5月20日

総聯愛知県本部(COVID-19)緊急対策委員会

在日本朝鮮人総聯合会 愛知県本部

0コメント

  • 1000 / 1000